ろ過設備、浴槽水循環、配管工事、水処理メンテナンスのことならなんでも、ミウラ化学にご相談ください。

株式会社ミウラ化学 山口県宇部市

株式会社ミウラ化学 電話番号0836-31-5767

  • ホーム
  • 事業内容
  • 取扱商品
  • ミウラのブログ
  • 会社概要
  • お問い合わせ

取扱商品 ミウラ化学

ホーム>取扱商品>こんなことでお困りではありませんか?>「塩素」の取扱いがよく分からない

こんなことでお困りではありませんか?

「塩素」の取扱いがよく分からない

塩素濃度が上がらない

①塩素供給ができない

塩素供給ができない 塩素管理

まずは塩素の投入量を増やしてみましょう。
塩素濃度が上がってくるようでしたら塩素不足が原因です。
塩素は人の汗や汚れ等で消費されるので、適切な塩素補給が必要です。
すぐに塩素濃度を上昇させる塩素剤として、

・「ネオクロール・ニューS」
・「ネオクロールT-20S」
・「スパクリーン60GS」
・「スパクリーン20TB」があります。

②塩素供給機が正常に作動していない

メンテナンス業者や納入業者による確認が必要になるかと思います。弊社では、多種多様な装置を扱っておりますので、メンテナンスはお任せください。

塩素供給機が正常に作動していない 塩素管理

③塩素臭はしている

塩素剤の種類にもよりますが上記①で考えられることの他に、塩素濃度を測定する試薬が影響を受けている場合があります。高濃度の塩素であれば、試薬で発色した色まで脱色することがあります。

このような試薬の周囲のみ発色し、全体的には透明という時には、塩素濃度が高すぎることがありますので塩素濃度を低下させる必要があります。
塩素濃度の中和剤(脱塩素剤)として「クロルイーター」がお勧めです。

塩素臭はしている 塩素管理

塩素濃度が上がり過ぎた

塩素濃度が上がり過ぎた塩素管理

塩素濃度を基準値まで低下させる必要があります。
塩素濃度の中和剤(脱塩素剤)の「クロルイーター」をご使用ください。

塩素の管理がめんどくさい

塩素濃度を電極で感知し、測定した塩素濃度にあわせた塩素供給を管理してくれる「自動塩素管理システムのナピックスCP型」はいかかがでしょうか。

主な作業は塩素の補充のみとなり、管理の手間を大幅に省きます(定期的な電極の校正は必要です)。

塩素の管理がめんどくさい 塩素管理

pHが変化した

①pHが降下した(酸性になった)

pHを基準値内まで上昇させる必要があります。
pHを上昇させるpH調整剤「ペーハープラス」を使われてみてはどうでしょうか。

pHが降下した(酸性になった) 塩素管理

②pHが上昇した(アルカリ性になった)

pHを基準値内まで下降させる必要があります。
pHを上昇させるpH調整剤「ペーハーマイナス」を使われてみてはどうでしょうか。

pHが上昇した(アルカリ性になった) 塩素管理

塩素供給機のメンテナンスのご相談は
株式会社ミウラ化学 お問い合わせはこちらから

ページの先頭へ