ろ過設備、浴槽水循環、配管工事、水処理メンテナンスのことならなんでも、ミウラ化学にご相談ください。

株式会社ミウラ化学 山口県宇部市

株式会社ミウラ化学 電話番号0836-31-5767

  • ホーム
  • 事業内容
  • 取扱商品
  • ミウラのブログ
  • 会社概要
  • お問い合わせ

取扱商品 ミウラ化学

ホーム>取扱商品>こんなことでお困りではありませんか?>滅菌装置のトラブル

こんなことでお困りではありませんか?

滅菌装置のトラブル

滅菌装置が詰まっていませんか?

①ガスロックを起こした場合

ガスロックの状態

ガスロックとは
次亜塩素酸ナトリウム液が分解して酸素ガスが発生し、塩素注入ポンプにガスがたまり動作不良を起こすこと。
(別名、エアガミとも言います)次亜塩素酸ナトリウム溶液の希釈倍率を上げることで解消します。

②本体内部、サイホンチャッキ弁が詰まった場合

サイホンチャッキ弁が詰まった状態

本体内部やサイホンチャッキ弁は、主にカルシウム分や鉄分が原因で詰まりを起こしてしまいます。分解・清掃が必要です。
カルシウム分や鉄分が原因とする場合、酸系の薬品で中和分解するとこをお勧めします。
また、根本となるカルシウムや鉄分の除去については、軟水装置、除鉄装置の設置で解消します。

③注入口の配管ラインのバルブが閉まっている場合

注入口の配管ラインのバルブが閉まっている

注入口の配管ラインが詰まっていることもあります。注入口の配管ラインの点検が必要です。

④注入口の配管ラインが凍結した場合

注入口の配管ラインが凍結した

注入口の配管ラインの点検が必要です。
※運転中に何らかの理由で閉鎖状態になった場合、行き場を失った液体(次亜)によって大きな圧力が生じ、結果、機器の破損や流体の漏水などの被害をもたらします。リリーフ弁の取り付けをお勧めします。

滅菌装置メンテナンスのご相談は
株式会社ミウラ化学 お問い合わせはこちらから

ページの先頭へ