ろ過設備、浴槽水循環、配管工事、水処理メンテナンスのことならなんでも、ミウラ化学にご相談ください。

株式会社ミウラ化学 山口県宇部市

株式会社ミウラ化学 電話番号0836-31-5767

  • ホーム
  • 事業内容
  • 取扱商品
  • ミウラのブログ
  • 会社概要
  • お問い合わせ

取扱商品 ミウラ化学

ホーム>取扱商品>ろ過装置>プール用ろ過装置比較

プール用ろ過装置比較

弊社ではプール用「珪藻土式ろ過装置」、「砂式ろ過装置」、「カートリッジ式ろ過装置」を取り扱っております。循環水量等のお客様それぞれに合わせたサイズ変更も可能です。

ろ過装置3タイプ 特徴比較

  可逆式珪藻土ろ過装置 砂ろ過装置 カートリッジろ過装置
  可逆式珪藻土ろ過装置 砂ろ過装置 カートリッジろ過装置
ろ過精度 1~5ミクロン一般細菌、藻類が除去できる 10~20ミクロン
(凝集剤使用時)
25~75ミクロン
運転管理 短時間の逆洗で、ろ材面の汚れを落とすことができ、性能の低下がほとんどない簡単に性能判定がができる 長時間の逆洗を行っても若干の汚れが残り、性能が徐々に低下するマンホールをあけ、タンク内部の点検が必要になる 逆洗を行わないのでろ材に汚れが残り、徐々に性能が低下するろ材の交換をする必要がある
耐久性 本体はスレンレス及びPP製で耐食性に優れている SS製は内面加工をしていても耐食性に不安がある 砂式と同様である
操作性
(5方コック)
一回の操作は1~3分であるが珪藻土の取り扱いが必要である 一回の操作は15分程度であり、凝集剤の取扱いが必要となる場合がある 電源のON-OFFのみで操作できる
設置場所 ろ過装置が立体構造のため設置スペースが小さい搬入路が800mm×1500mm程度でよい 縦型のタンクであり、設置スペースが高くて大きい搬入路を広くとる必要がある 砂式よりタンク径が小さく軽量ではあるが、搬入路は珪藻土と砂の中間位は必要である
設置費 軽量のため重機を必要とせず、運搬・据付費が低減できる 重量物のため、現場工事に重機を必要とする。3方式の中で最も高い 砂式よりタンクが小さく、ろ材も軽い。また他の方式と比べ操作弁が不要であり最も安い
ライニングコスト 洗浄水量が非常に少なく、ろ材の交換頻度が少ないため、最も安い 洗浄水量が多く、また、ろ材の取替費用にかなりの金額を要する ろ材の再生ができず、毎シーズン取替を必要とする。また水質維持のため、多量の補給水が必要
ろ材 珪藻土 砂、石 カートリッジ

プール用 ろ過装置比較

  • 可逆式珪藻土ろ過装置
  • 砂ろ過装置
  • カートリッジろ過装置

ページの先頭へ